ホーム > 会員の皆様へ > 研究費助成について

会員の皆様へ|研究費助成について

研究課題補助事業(2020年度研究助成)募集要領

日本雑草学会は,必要な研究資金を得ることが難しい若手研究者を支援する目的で研究助成制度を創設しました。2020年度の研究助成を下記の要領で募集します。奮ってご応募ください。

【対象分野】雑草科学

【応募資格】2020年1月31日現在で満40歳未満の本会の国内正会員(学生会員を含む)

【採択予定数】新規採択件数は年3件以内

【助成金額】
1件につき1年10万円とし,期間は3年以内とする。この助成金は,研究の目的を達成するために有効に使用されるものであれば,どのような使途でもかまわない。

【申請手続き】
(1)研究助成申請書(様式1)を下記の学会事務支局宛に電子メールで送付すること。
*申請書(word形式)は日本雑草学会ホームページよりダウンロードしてください。
(2)申請受付期間:2019年11月1日~2020年1月6日(必着)。
(3)提出先:日本雑草学会事務支局 E-mail:hojo@wssj.jp 
*メールの件名を「2020年度研究助成応募_申請者氏名」としてください。

【選考方法】
提出された申請書について,選考委員会にて厳正に審査の上,採択課題を決定する。

【結果の通知・補助金の支給】
課題の採否を2020年3月に通知する。また、2020年4月に学会からの補助金を支給する。
*助成金の交付は原則として個人名義になります。所属機関における寄付・助成金受け入れに関する規則がある場合は申し出てください。

【選考委員会委員】
委員長:吉岡俊人
幹 事:山下雅幸
委 員:雑草研究編集委員長,Weed Biology and Management編集委員長,その他
*その他の委員は非公開。

【助成金取得者の主な義務】
(1)助成金の交付を受けた者は,助成期間の初年度末、第2年度末に当該年度の研究進捗状況報告書(様式2)および次年度の研究計画書(様式3)を提出する。また、最終年度は研究成果報告書(様式4)を提出する。選考委員会から申請書,報告書あるいは計画書についてコメントすることがある。その場合は誠意を持って対応すること。
(2)助成を受けた研究課題の成果を、助成期間終了後すみやかに論文によって公表する。公表雑誌には「雑草研究」あるいは「Weed Biology and Management」を含むこと。論文投稿の際に「日本雑草学会研究課題補助事業No. XXXXX」「WSSJ Research Initiative Grants Programme No. XXXXX」による助成を受けたことを明示する。
(3)助成を受けた研究課題を中止する必要が生じた場合は、遅滞なく日本雑草学会事務支局にその旨を報告すること。その場合、助成金の一部または全額を返還していただくことがある。

【その他】
研究助成申請書を作成する際、日本雑草学会の国際会議等への出席費補助とは重複申請できないことにご留意ください。

【問い合わせ先】
不明点等については、次のアドレスに電子メールで問い合わせてください。
吉岡俊人(選考委員長) E-mail: hojo■wssj.jp(■をアットマークに置換)

会員の皆様へ

このページの先頭へ